保護猫陸斗との距離は縮まっているような、横ばいのような・・・微妙な関係が続いている仮親であります。ただ、夫や娘との距離感よりはずっと近いのだけは確かです!

陸斗は、言ってしまえば猫らしい猫です。なんとなく家族の輪に馴染んでいる・・・でも、一定の距離を保っている。

DSC_1259_R

私の椅子ですー。PC作業ができない。。。

DSC_1258_R


受身のアクションに弱いのは警戒心が強いから?


私が子供の頃の猫の飼い方・・・ほとんどの家庭では外へ自由に出かけていました。というより、通ってくる猫がいて、ごはんをあげたり、部屋に自由に出入りさせているうちに、いつの間にか「○○さんの猫」になってしまうことも少なくなかったです。

その時代の猫って、マイペースというかミステリアスというか、人間の思い通りになるはずもなく、こっちが抱っこしたくてもできるなんて思ってもいませんでした。

それなのに、どーんと膝の上に乗ってきたりして、トイレに行きたいのに~っ!と悶絶することもあったりして。

DSC_1260_R


だから、猫の好きなようにさせる というのが当然だと思っていました。それは、大人になって猫の飼い主になってからも変わりません。もちろん完全室内飼いで避妊去勢手術もしますから、昔の猫とはちょっと違います。

オス猫は特に去勢手術をすると、性格や態度が子猫のまま残ります。人間との距離がぐっと縮まるのは本当です。

ただ、やっぱり猫って嫌なことは嫌!・・・なんですよね。

DSC_1263_R


陸ちゃん、撫でられるのは好きです。にゃーんにゃーんとアピールもしますよ♪

「なーに?」

としゃがみこむと、足元でゴロンとお腹を見せてなにやら訴えてきます。警戒心の強い子だからゴリゴリ触るのはダメかな?・・・なんて遠慮していたけど、杞憂でした。

お腹グリグリしてもゴロンゴロン。「もっと~」って感じで目を細めてグネグネします。

ただ、こちらからのアクションはまだ対応できないようです。同じ場所で同じことをしようと思っているだけなのに・・・。

まぁ、でも待っていれば陸斗の方からサインは出してくれるので気長に待っていればいいかな?


猫のスリンスリンは親愛の証


ところで、陸斗って猫スキルもちょっと低いかも・・・。猫あるあるで、警戒していても人間が指を突き出すとクンクン嗅いでしまうってありますよね?

陸ちゃんはスルーです。何してんの?って感じです。スリスリ匂い付けもしませんでした。本能じゃないんかいっ!?って思ってたんですけどね。


それが昨日、キッチンに立つ私の足にスリン・・・と!ごはんの催促かな?と思ったけど、どうやら違うらしい。それからは控えめなスリンが繰り返されました。

理由は・・・赤ちゃん返り?

DSC_1264_R


実は拙宅にはチビチビ子猫が来ています。陸斗はもう保護部屋卒業なので、保健所から引き上げた子達を代表の家から移動したのです。

その子たちを保護部屋のケージに入れて様子を見ているとき、上空からなにやら視線を感じて見上げると、なんと陸斗が!

天井付近に取り付けた棚の上から見下ろしていました。なぜ!?部屋のドアは閉まっていたはず!ま、犯人のめぼしはついています。わが家の若猫がドアを開ける子なので、開けたときに一緒に入って、中から自分でドアを閉めてしまったのでしょう。

陸斗は子猫にまったく興味がないようで、チラッと見ただけで部屋を出て行きましたけど。ニアミスでした。

その後のスリンです。ひっそりこっそり焦りでも感じたのか?大丈夫!チビも可愛いけど、陸斗もすっごく可愛いからね♪

移動してきた子猫たちです。体調がまだ整わないのと、ちっちゃいので募集はもう少し先になります。

DSC_1275_R

茶白男の子・・・チャッシー
手前黒の女の子・・・クゥ
真ん中ちっちゃい女の子・・・チィ

よろしくお願いします♪
このエントリーをはてなブックマークに追加