記事の更新がすっかり滞ってしまいました。保護っ子メイン君は今日も元気にドチドチ走ってます(´∀`)すっかり兄貴分たちにも慣れて、好き勝手なところでくつろいだり、お気に入りの場所を求めてバトルを繰り広げています。

20190122_014812515_R


ひげねこ会に名称変更とホームページリニューアル!


お気づきの方もいらっしゃると思いますが、少し前に会の名称を「ひげの会」から『ひげねこ会』に変更しました。やっぱりね、『ねこ』って入れないと分かりにくいですからね。ま、そんな理由です。

それに伴って、ホームページもリニューアルしました。素人が悪戦苦闘してなんとか形になったので公開しました。

代表とふたり、

「うえ~ん!1ページ丸々消えたーっ!」

「画像が反映されてないーっ!?」

「リンクが飛ばないっ!」

なーんてヒーヒー言いながら、「ま、一番大事なのは保護猫の画像だわね・・・」そして猫たちの写真を撮りにいく、という名目の現実逃避を繰り広げておりました。

でもね、こういう作業をしていられるのも今の季節だけなのです。どんな季節かって?

子猫がいない

春の出産シーズンを前に、嵐の前の静けさなのでありました。。。

里親さんを待っている少年猫たちが~!


とはいっても、保護猫がいないわけではありません!ちょーっと大きくなった子猫(・◇・)たちが、新しいご家族を待ってますよ♪

拙宅滞在中のメイン君、体はもう立派な大人猫って感じですが、顔はまだまだあどけない若猫です。やることも子猫っぽいし、「お腹すいたですーお腹すいたですー」と終日腹減りなのも子猫っぽいといえます。

多分・・・そう、もう少し大人になったら落ち着くはず・・・きっと・・・。

20190125_024405851_R

メイン君以外にも、体調も落ち着いてお留守番もできる月齢になった子が多数います。全体的にかまってちゃんが多い印象。

代表の家にいるにゃんずは膝の上の争奪戦が勃発してる模様です。専用のお膝求む!

個性豊かな少年-成猫を家族に迎える楽しみを♪


実はこの時期、子猫を卒業した若猫や成猫を家族に迎えるにはうってつけなのです。最近は核家族化、共働き夫婦が増えて、日中家に誰もいないという生活様式が多くなっていますよね。

小さいときから引き取って、その子の成長を見守っていたいという気持ちも十分わかります。実際私が昔里親になったときも、子猫を迎えました。

でも、現実問題としてお留守番の長いおうちで子猫を迎えるのは難しいです。多くの団体は、子猫を譲渡する際は留守番時間を重視します。

食事の回数のこともありますが、子猫は体調を崩しやすいことも大きな理由のひとつです。

譲渡会のちょっと裏話


はなから大人の猫を探している方もいると思います。でも、いざ譲渡会に行っても想像より成猫が少ないな、と感じたことありませんか?シーズンによっては子猫ばっかりということもありますね。

保護猫に大人猫はいないのか?

いえいえ、そんなことはありません。成猫を保護することもあるし、子猫で保護されても時と共に大人になって行きます。当たり前ですね(・∀・)つ

以前代表がこんなこと聞かれたそうです。

「この子、里親さんが見つからなかったらどうなっちゃうんですか?」←(子猫に対して)

真剣に心配されていたようですが、大丈夫!大人になっても里親さんが見つかるまでしっかり面倒みますよ。いや、保護ボランティアなんでね、当たり前なんですけどね。

メディアで悪徳ブリーダーとか話題になるので、ちょっと混乱されてしまう人もいるのでしょう。悲しいですけどね。

20190124_205406928_R

話は逸れましたが、子猫の多い時期はあえて譲渡会には大人の猫を連れていかない団体も少なくありません。

譲渡会は猫に負担がかかります。特に知恵もついた月齢以上になると、ストレスに弱い子は体調を崩してしまうこともあります。

そういう子は、ネットだけで募集することも多いのです。

こういうケース以外にも、譲渡会の運営方針によって連れて行く猫の数が決まっていることもあります。どういうことかというと、譲渡会はボランティア団体が各々開いているわけではなく、主催者がいて参加制をとっていることもあります。

この場合は、猫の数は何頭までと決められていることがあります。参加ボランティアにとって公平にしたら当然のことです。

譲渡会には参加していないけど、保護宅にいる里親さんを待っている猫たちはたくさんいる、ってわけです。

成猫さんを家族に迎えようと思っている方はぜひ、実行して欲しいことがあります。
  • 譲渡会場のボランティアに声をかけてみる
  • ボランティア団体または個人のホームページを見る
「いつさと」や「ペットのおうち」といった里親募集サイトには載っていない保護猫も、それぞれのホームページには掲載されていることもあります。

はい、そしてここにもかまってくれるご家族を首を長くして待っている少年猫がおります♪

DSC_1089_R

ひげねこ会里親さん募集中のねこたち

このエントリーをはてなブックマークに追加